納棺と火葬後の骨上げ

棺とは故人を棺に納めることです。「ひつぎ」の漢字には「棺」と「柩」がありますが、一般的には「棺」が用いられることが多く、例えば「出棺」などと使われています。使い分けの一例として納棺される前の「ひつぎ」を指すときは「棺」、納棺後の場合は「柩」といった俗説もありますが、出棺という用いられ方を考えますと当てはまらない面がでてきます。「柩」には棺を覆う輿のようなものを指す意味もあり、故人を火葬場へ移動する際の車両「霊柩車」がそれにあてはまります。

 

故人が自宅の布団に安置されている場合、親族を中心に納棺の儀式を行うことがあります。家族や親戚の手で着替えや身だしなみを整え、宗教にそった形の白装束や六文銭を持たせるなどが行われます。

 

▼納棺の儀(仏式の例)

  • 1.清拭を行う(故人の体を拭き髪・髭・爪・化粧などで身だしなみを整える)
  • 2.旅支度(足袋・脚絆・帷子・帯・手甲・数珠・頭陀袋 [ 六文銭 ]・草鞋・杖・編笠 [ 天冠 ]など)
  • 3.棺に納める(お舟入り:皆で体を支えながら納棺する)
  • 4.副葬品を入れる(趣味のもの・好物・お花など)※火葬場の規定に反しないものに限る
  • 5.棺の蓋を閉めて終了

 

各宗教の教義にそった葬具・着衣・進行などが必要となる場合や同じ宗旨でも地域によって進行内容が異なる場合があります。専門的な部分は宗教者から説明を受けたり、納棺の儀の進行を葬儀社にお願いしたりするとスムーズに進行します。また、無宗教形式の場合には、身だしなみを整え服装は自由に、お気に入りだった洋服などを選んで着せてあげるとよいでしょう。

 

数珠

 

 

 

お骨上げ(収骨)の流れ

火葬の開始から終了(お骨上げ)までに要する時間は、各火葬場によってバラつきがあります。その理由としては、主に火葬炉の火力や冷却システムの性能に違いがあることによるものです。火力が低めの火葬場では最高温度が1,100度ほどですが、近代的な設備の場合には1,800度ぐらいまで高められる所があります。また、火力だけでなく実はお骨を冷却する技術の方が時間への影響が大きく、性能の高い冷却システムが導入された火葬場では、火葬時間が全体的に短縮される傾向にあります。

 

例:大阪市の市営火葬場:120分前後/東京都の民営火葬場:待機時間40分前後 など

 

  1. 1.棺を火葬炉に納める ⇒ 火葬場の職員が炉に納め扉を閉めます。
  2. 2.お参り(御焼香)  ⇒ 炉の前でお焼香します。僧侶がいれば読経が始まります。
  3. 3.控室・休憩室に移動 ⇒ 火葬時間が長めの地域では式場や会食場へ移動します。
  4. 4.収骨の時間まで待機 ⇒ 食事や軽食などで時間をつなぎ待機します。
  5. 5.お骨上げ時間に集合 ⇒ 予定時間までに集合します。
  6. 6.ご収骨                     ⇒ 二人一組などで箸(橋)渡ししながら骨壺に納めます。
  7. 7.終了                        ⇒ 法要などの会場へ移動または火葬場で解散となります。

 

 

大阪あんしん葬儀“メモリアス”では、低価格で信頼のおける葬祭サービスを提供しております。

24時間365日の体制で、無料相談を承っておりますので、まずは0120-999-698へお電話ください。

 

まずはお電話

葬儀Q&Aトップへ
トップページへ